2017年個人的最強のカップラーメン、マルちゃん「QTTA」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年2017年もコンビニやスーパーではたくさんのカップラーメンが世に出ては消えていってます。ペヤングの納豆焼きそば、甘~いきつねうどん・・・

正統派のラーメンから「誰がこんなの食うねん!」ってネタなうどんまで目にしました。

そんな中、私が今年の上半期に発売された中で最強のカップラーメンに選びたいのが、

マルちゃんこと東洋水産から発売された「QTTA」というラーメンです。

今年の3月に発売されたカップラーメンで、東洋水産が今一番力を入れている商品。毎日疲れた顔でお腹をすかせている若者を応援したいという想いが込められており、名前も「食った」とかけて洒落っ気たっぷりです。

今年は東洋水産を推していきたいですね。「正麺」シリーズも他のカップ麺より1ランク上の味をしていて非常に食べごたえがあります。

ただ、主に見かけるのはスーパーで、コンビニで見かけることが少ないのが難点。

味はしょうゆ、シーフード、とんこつの3種類を展開しています。

私も3種類すべて食べてみましたが、やはりオーソドックスなしょうゆ味を推したいです。

個人的にはみそ味も作って欲しいです。なぜか各社縦型カップ麺にみそ味が無いんですよね。

スポンサーリンク

実際に食べてみた

ということでQTTAを買ってきました。

既にお湯が入ってます。私がどこにいるか後ろののぼりでモロバレですね。

私がブログ作成で頭がつかれた時に気分転換に立ち寄っている近くのファミマです。

この店めずらしく広いイートインがあるんですよね。しかも窓際にはコンセントもあります。

3分後、できあがりました。

完全にどこぞの大手メーカーのカップ麺を完全に意識した具材の盛り付け。

そちらはたまごがアピールしているのに対し、QTTAの場合、肉がアピールしていますね。

ダイス肉も大きくてグッドです。

かき混ぜてみました。

麺が太くていい感じです。

そしてしょうゆが完全に活きているスープの色合い。

スープを麺がそれほど吸っていないところも高評価です。

この麺なんですが、しょうゆ、シーフード、とんこつの3種類とも違う製法で作られているんだとか。

肝心なお味はというと、あっさりとした薄めの味つけ。

ライバルの「あちら」は独特の味とにおいが強いこともあり、食べ慣れてる人にとってはQTTAには少々物足りなさを感じる人もいるかもしれませんね。

私はペラペラふにゃふにゃになってる「あちら」より、ちゃんと麺が生きているこちらのほうが好きですけどね。

箸が進む進む。

一方でスープはしょうゆと香辛料が混じった濃いめの味に仕上がっています。やはりこちらのほうが飲みやすいですね。「あちら」は一口二口のむと飽きるんですよね。独特すぎて。

まさに「食った」気分になれるラーメンでした。

(イートインコーナーで「食った」なんて言えないので心のなかで思うことにします)

さいごに

縦型カップ麺は「あちら」が一人勝ちを続けている中、東洋水産を含む他社は麺、スープ、具材、どこで差別化を図ればいいか苦労しているはずです。

そんな中、カップラーメンの王道を進むラーメンが出てきてくれました。このブランドはメーカーも今後育てていってほしいですね。

ただ、コンビニでは定番になれなかったのか既にQTTAも他のカップ麺同様姿を消すのが早く、購入した店舗でも残り2つしかありませんでした。ですので購入したい方はスーパーに行けば見かける確率は上がるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告あり)

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。