コンビニの700円くじにひそむ問題点

広告




毎年梅雨の時期や10月頃になると各コンビニで力を入れるのが700円購入ごとにくじが引けるキャンペーンです。

ご存知の通り当たりくじは商品の無料引換券ですが、今すぐ引き換える人もいらっしゃれば、時間がなくて後で引き換えるからと持ち帰る人と様々いらっしゃいます。

ですが、ここで断言します。

今すぐ引き換えないと損というより、大損です。

そこには、コンビニの本部も解決できない問題点がひそんでいました。

広告




コンビニ本部も解決できない問題

引換たい商品が売場にない、これが本部も解決できないといいますか解決する気がない問題ですね。

売り場に自分が持っていた引換券の対象の商品が無かったというのは毎回どこかのお店でトラブルになります。

実際に10店舗以上回ってどこにも見つからず、11店舗に訪れた店は幸か不幸かリニューアル直前で品薄状態だったことから大怒りになってしまったお客様もいらっしゃいました。

特に引換期限が終わる間際にこういうトラブルが発生しやすいです。

引換できる店舗が全国のお店な上、期間もだいたい余裕を見てて一ヶ月くらい確保されていますからね・・・

この問題の原因

問題の原因、それはお店のバックヤードが非常に狭いためにずっと引換券のために在庫を抱えるくらいなら販売に回す判断がどのお店でもなされているからです。

そもそも売れなくて発注を止めた商品を引換券用に一回だけ発注してくださいと本部から指導されていますからね。

最近オープン、またはリニューアルされたお店って、バックヤードに在庫を置くスペースが本当に狭苦しいことになってます。

通路も人一人通れる分の幅しかないですからね。

売場にも引換の対象商品を一ヶ月間全種類販売できる余裕は・・・全くないです。

なので自分のお店でくじの当たり用に使う分の商品は直前になって発注する、そんな泣きたくなるようなやりくりをどのお店でも行っています。

とくに1ケースあたり24本納品される500mlペットボトルなんて実際の引換券の枚数は4本しかないものがあり、差し引き20本くらい過剰になることがあるのでくじの最初の方にまとめて仕入れてあとは販売に回される傾向があります。

在庫を過剰に置きたくない、というより置けないために引換期限の間際になればなるほど売場に自分の持ってる引換券の商品がない問題が発生しやすくなっているのが現状です。

この問題の解決策

以前は引換期限近くになるとお店に品物がないトラブルを回避するために、別な商品と引き換えられるよーという解決策が各お店で行われていたんですが、どうも最近はちょっと様子が変わっています。

なんと、引換券を悪用し、自分のところで全く売れてない商品と引き換えるお店が出現したためにこの解決策が使えない、こんな惨状になってます。

まさかコンビニ本部もお店に割り振った引換券が全部客に渡されず、自分のお店の在庫整理に悪用されるとは思ってもみなかったでしょうね。

どうも常習犯がいたとかいなかったとか・・・

ということで、今行われている解決策は・・・納品されるまで数日かかることを承知で、客が引換えられなかった商品をお店が一度仕入れる、こんな対応を行っています。

引換期限は過ぎてしまいますが、期限からさらに1週間ほどヤミ期間を設けることで引き換えができるようになっています。

お店の本音は・・・今まで全く売れずくじを使ってようやく売り切った商品をもう一回入れないといけないという意味では本当にいらない解決策だと思っているところも多そうですね。

これがくじを引いたお店でしか引き換えできないってシステムならこの問題も発生しなくなるんですが、今度は特に常連でもなく、移動中にふらっと立ち寄ったような客が後日引換えようとするともう一度そのお店に行かなければならずせっかくの引換券が紙切れになってしまう可能性が高くなるのでまずやらないでしょうね。

お店がその場での引換を強くすすめているのは売上になるから

お店はとにかくくじで当たった商品はその場での引換を勧めています。

なんでかというと、引換えた商品の売り上げは自分のお店のものになるからです。

そのうえ、その場であれば商品がちゃんと確保されていますからね。

さいごに、個人的感想

この問題を解決する画期的な手段は・・・はっきりいってないですね。

あったら今すぐ教えてほしいとどのコンビニでも思っているのではないでしょうか。

それにしてもこの700円くじ、本部と問屋さんは商品がはけたり売上が増えたりと儲けになるんですが、お店は実際に商品を仕入れないといけないため本当に儲けになっているのか疑問ですね。

そしてこの700円くじのような、従業員の時給は上がらず負担だけが一気に増えるようなフェアを連発する点がコンビニのバイトが不人気になる理由のひとつになるのではないか?

と考えてます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。