地図を見てどこの場所か答える「ここどこクイズ」がおもしろい!

広告




Twitterで時折リツイートされてくるこちらのクイズ。

「ここどこクイズ」っていうんですが、今までに出題されている問題を見てみるとものすごくおもしろい!!ってことで地図が大好きな私が勝手に紹介しちゃいます。

広告




ここどこクイズとは

ここどこクイズとは、地名や施設名、建物名が全て省かれた地図を見て、ここがどこなのかを当てるという非常に単純なクイズです。

[blog card=”http://mudagomi.web.fc2.com/all/Kokodoko/Kokodoko.html”]

11/27現在70問公開されていて、毎週月曜日に新しい問題が追加されていきます。

日本全国誰でも分かりそうな場所から地元の方じゃないと即答できないようなけっこうマニアック?な場所までいろんな難易度の場所が取り上げられています。

地名や施設名がないってことは・・・頼りになるのは駅と線路の位置関係や高速道路や一般の大きな道路、そして川だけ!

あ、施設名はないですが、施設の種類なら書いてあります。例えば有名企業の工場であれば「工場」とか、あとは「市役所」「県庁」「大学」「高校」といったように、どこに何があるかという最低限の手がかりは問題の地図から読み取れるようになってます。

あとは駅名はすべて「??」に置き換えられ、正解の地名は「○○(同じ文字数とは限らない)」と伏せられています。

例題

さすがに実際の問題をコピペするのはネタバレになってしまいクイズの楽しさが失われてしまいますので、雰囲気を再現した架空の場所の地図をこちらで書きました。

下手な字で申し訳ないですが、あくまでもこんな感じで問題が出題されてますよ・・・というのだけでも感じ取ってくれれば幸いです。

で、この○○に入る地名を答えろというのがこのクイズの主旨。

青い線は川だったり用水路だったり、もしかすると海だったりするかもしれません。

実際の問題もちゃんとJRと私鉄は実際の地図記号に合わせて明確に違いが表現されてますし、新幹線の場合はこのJRの記号が緑色に着色されてます。

高速道路やバイパスもあるかもしれませんね。

その場合も明確に色分けされています。

実際に答えてみた

私も実際に「ここどこクイズ」の問題を何問か答えてみました。

例えば東京のとある場所だったり、四国のとある県庁所在地だったり分かる場所は地名が書かれていなくても一瞬で即答できました。

そういった場所は道路や鉄道、あとは海沿いだったら埋立地だったり大きな川だったりと明確な特徴がありますからね。

ただ、東北のどこかの山の中とか、北陸とか北海道とか分からない場所はほんとにわからない!!

こんなときのために、出題者からはお助けとして2つほどヒントも提示してくれているんですが、それでもわからない場所はわからない!!

ちらっとうつる水面が見えても、それが池なのか沼なのか湖なのか海なのか・・・

いろいろ記憶を掘り起こしてみてもさっぱりお手上げっていう絶妙な難しさの問題もありました。

これがこのクイズのおもしろいところですね。

意外と答えを見てしまうと「ああーそこだったんかい!」と妙に納得してしまったりしました。

ここどこクイズの作者

気になるここどこクイズの作者は275きろぼると氏。(@275KV)

275きろぼると氏は主に地理、地図だけでなく都市計画や道路整備といったまちづくりや今の街の環境の面に強みを持っていて、ツイートでは多摩ニュータウンとその周辺地域(川崎市とか府中市とか立川市あたりのこともよく出てくる)が主な話題として出てきます。

これもまたツイッターで話題となった未成の大阪の川西らへんにあるニュータウンに行った方なのかと思いきや、それは私の記憶違いでした。

ということで地図が好きな方ならこの「ここどこクイズ」は間違いなく楽しめますよ!

毎週月曜日が楽しみですね!!

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。